台湾・その4-2(12年9月)

台湾 12年9月

台南/街歩き・「緑の館」

12年9月2日(日曜日)

台鐵台南站到着

まず荷物を預けますか。荷物はリックサック1つですので持ち歩けないことはないのですが、暑い中歩くのには流石に邪魔。

DSCF0216

ロッカーはありました。到着改札出て右側、出発改札待合室の壁沿いにあります。口数は24。通常サイズのみ、大きめのサイズのロッカーは無いみたいです。またここ以外にも有るのかもしれませんが、探すことはできませんでした、

じゃあ、どうするかというと日本でいう「一時預け」に預けます。
台湾では「行李房」と言います。

DSCF0215

「行李房」の有る場所はロッカーのある待合室の外を右側に進みます。
途中は駐輪場になってます。「行李房」の看板が有るのでわかると思います。
看板の所を右に回り込むと・・・

DSCF0212

入口があります。

DSCF0210
建物の中に入って正面が預け入れカウンターです。
この日は英語の話せる、お姉さんがいました。

台南は古い史跡とかも点在して観光地としての側面もあります。
観光客の相手も非常に手馴れている印象を受けました。
日曜日ということもあり、荷物はたくさん置いてありました。

ただ荷物を別の部屋に置く、とかではなく雑然とそこいらに置いてあります(客が手を出せる)。貴重品は預けない方が無難かもしれません。

営業時間は8時から20時まで。
時間を過ぎたらどうなるのかはわかりません。

DSCF0214
料金は17元でした。安い・・・

荷物を預けてホッとしたところで行動開始。13時15分。

まずはお昼でしょう。
ということで台南名物の「度小月」の担仔麺を食べに向かいました。
ベタですが、たまたまこの方向にサウナの「緑の館 三温暖」があるための選択です。

駅から、そこそこ距離があるんですが、散策がてら歩いて行きました。
中山路をテクテクと。途中にフードコートといいますか、屋台が集まったところがありました。

DSCF0273

駅から割とすぐの「台南病院」があるところです。
色々な食べ物がありましたね。かき氷のスイーツ系から、たこ焼き等の流行りのB級グルメが20軒くらい並んでいました。

その中に「安平豆花」の支店があったんですよ。

DSCF0227

実は数年前に台南は来たことがありまして、その時に「安平豆花」を食べて美味しかった記憶があって今回も食べたかったんです。

ただ食べた場所が遠くて、今回は行けないから諦めてたんですけど、こんなところに支店があるとは・・・帰って調べてみたら台南・高雄市内に数店舗の支店があるみたいです。前回行ったのは本店。

♪寄り道o(^o^)o

DSCF0228

メニュー見ると豆花以外にも色々あるのね・・・あらん、「新鮮牛乳雪花氷」や「日式抹茶雪花氷」も美味しそう・・・
でもここはやはり豆花でしょう。

おねえちゃんに「トーファ~ちょうだい(日本語)」と指さしたら中国語で何か返されて・・・。??って顔してたら、前まで出てきてメニューを指しながらどれ?て顔。

味付けトッピングに数種類あるみたいです。「原味・紅豆・・・檸檬」。
台湾の良いところは文字を見て判断ができるところ。原味は「そのままの味」でしょうし、紅豆は「アズキ」、檸檬は「レモン」。

原味も惹かれましたが、ここは檸檬の気分・・・。

DSCF0220

おら、お汁がこぼれちゃった。

DSCF0224

室内のカウンターで食べました。外にもテーブルは並んでいます。
久々に食べておいしゅうございました。30元。

さ、ちょっとクールダウンしたところで先を急ぎましょう。

と、いいながら途中に祠があって寄ってみたり、なかなか先に進まない(笑)

「度小月」に到着(あ、店の写真撮ってないや・・・)
14時に到着したんですがこの時間でも客でいっぱいです。

DSCF0256

頼んだのは当然「担仔麺(タンツー麺)」+煮玉子。

メニューの紙に個数を書いて注文する方法です。このメニューには日本語も併記されてました。メニューを店員に渡せばOK.。

お店自体はたいへん狭いです。一人ですと相席か壁際にカウンター席3席ほどの利用になります。外にテーブルも並んでいます。時間は昼時はずらしたほうがいいでしょう。確実に並んでいそう・・・。

会計は65元でした。

小腹を満たしたところで「緑の館 三温暖」へ。

DSCF0260
ここより5分くらいです。場所はすぐ分かりました。
ビルの入口に大きく「緑の館」と表示があります。

DSCF0264

この看板の横からビルの中に入るとエレベーターがあります。
そこにも「緑の館 5F」と表示が出てます。

DSCF0265

指示とおりエレベーターで5階まで昇って降りるとすぐ左に入口があります。
入口入るとすぐ受付。入場料300元。14時30分入場。

受付で大タオルとキーをもらって右側に進むとロッカールームがあります。
タオル腰巻スタイルでスタート。

まず受付の左側は明るいロビーになっています。
右側は先ほどのロッカールーム。反対側にも出入り口があります。ここにサウナの概略図が貼ってありますので一読しておいてください。

ここを抜けると広い空間に出ます。元はディスコとか劇場だったんでしょうか?と思うくらいの広めの空間です。浴室もここにあります。
浴室中は台湾サウナの標準的な施設が揃ってます。
小タオルは使い放題。

このフロアーは何ともまったりとした空間ですね。
このフロアーの先に個室とかビデオルームがあります。

この日のこの時間は30代から上の標準体型からポチャの客層でした。まあ、日曜のド日中ですのでこんなものかと・・・。当然ヤリヤリの雰囲気ではなく、まったりモード全開です。

週末深夜とか人入りはどうなんでしょうか?。施設的にはキレイめでなおかつ広いですから、そこそこ人は居そうな気がしますが・・・。

何事もなく30分で退出。15時30分。

このまま駅まで徒歩で帰りました。駅まで15分~20分くらい。

台南自体は先程も書きましたが史跡とかもありますので昼間観光、夜サウナみたいな感じで一度訪れてみるのも良いかと思います。短い時間で済ますのはもったいないかな。美味しいものも多いし。

ただ注意は暑い・・・(;´Д`A

さすが北回帰線を超えての熱帯ですよ。日差しの強さが違います。少し歩いただけですが日焼けしてしまいました。おかげでバテバテ・・・

疲れが残っているところで、この日差しと暑さ・・・。
体が負けちゃいました。今日はこの後に高雄に行く予定でしたが無理。

という事でこの後は素直に台北に帰ります。

台鐵台南站16時05分発、台鐵沙崙線で高鐵台南站へ。
16時20分着。

16時49分発の高鐵台北站まで。
座席指定で1,350元。

乗り出すときにとんでもないスコールに見舞われました。
いや~、南国ですね。

3+2の座席配列で日本の新幹線と同じです。
2人座席の指定でしたが終点の台北までとなりは誰も来ませんでした。
車内はそこそこの混雑。ただ指定券を持たないで自由席から流れてきた客も多い感じでした。自由席は満席みたいでしたから。日曜の夕方に南から台北に帰ってくる時は指定券を買ったほうがいいでしょう。

余談ですがこの時に車内販売よりコーヒーを買いました。ホットで40元。アイスが飲みたかったけど無かったです。そういえば乗った高鐵3台とも全てに車内販売はきましたね。

台北18時36分着。
MRTに乗り換えて西門站へ。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です