台湾・その3-1(12年9月)

台湾 12年9月

出発 ⇒ 桃園国際空港

12年9月1日(土曜日)

やっと旅行開始です。

成田空港14時35分発
チャイナエアラインCI017便

成田空港第2ターミナル・・・
2タミ使うのひさしぶりだわ・・・スタアラがメインですので第1南が普段使い。
新鮮な感じ。そんで今回はチェックインでも並ばなきゃいけないのよねぇ・・・
スカイのステータスほすぃ・・・

DSCF0062

などと考えながら搭乗。定時で離陸。
離陸後の飛行時間は2時間40分、ですって。
飛行内容は割愛。仕事疲れで寝てました・・・。

桃園国際空港第2ターミナル到着。
17時ちょうどにに、飛行機からブリッジに出ました。
17時30分にイミグレーションを抜け。
所要時間は30分ですね。桃園だとこんなものかな。

今回荷物は手荷物として機内に持ち込みです。
ですので、イミグレーション抜けたらそのまま外へ。

と、その前に両替ですね。
台湾では、いつもあまり考えずに空港で両替してしまいます。
今回は3万円。台湾銀行で以下の明細をもらいました。

買入    JPY 30,000
RATE        0.37230
金額           11,169
手数料             30
計              11,139

1元=2.69円
約1元で2円70銭ですか。

だいたい台湾では3泊で3万円の両替かな。
まあ、余ったら次回使えばいいだけですし。

さて、さて今回の台湾の目的の一つに、現地でプリペードSIMを買ってスマートホンで情報収集。および自分のHPの地図から道案内をさせようと、考えたわけです。

桃園第2ターミナルでは以下の場所で、現地のSIMを発売しています。

税関抜けて左側(バス乗り場の反対側)の角を曲がった先に3社の通信会社のカウンターがあります。

DSCF0080

角曲がった手前から(写真では右側から)
遠傳電信(FarEasTone)
台灣大哥大(Taiwan Mobile)
中華電信(Chunghwa Telecom)
と並んでいます。

個人的には中華電信が良いかなぁ、と思ってたんですが、6人ほどすでにカウンターに並んでるんですよ(写真一番左のカウンター)。となりの台灣大哥大(以下台湾モバイルと明記)と遠傳電信には1人くらい。

事前のインターネットの調べで、中華電信と台湾モバイルが良さげなのは分かっていました。特に中華電信は電話案内に日本語の選択があって、日本人には評判がいいんです。

ただ調べた限りは、プリペードSIMの内容に両社に対した違いはなしと。

そんな訳(英語がダメな人間に日本語の選択があるのは大きい)で中華電信が第1ターゲットだったんです。でも時間を無駄にしてまでは、並べないですからねぇ・・・

ということで、台湾モバイルにしました。

カウンターには日本語のできる店員がいる時もある、と書かれていましたが、この時は英語でのやりとりでした。

まあ、正直こちらからは英語を話すことはありません。
シムロックのかかっていないスマートフォンを出して
「プリペードシム プリーズ」でOK

通話はどうするかとか、データー通信(パケ放題)は何日が必要かを英語で尋ねられるだけです。今回は通話付きで、3日間のデーター通信をお願いしました。

345元のお支払い。
ちなみにデーター通信のみのプランもあるみたいです。

必要書類はパスポートと免許証でOK。
(必ずパスポートと、もう一つ日本の身分証明書が必要です)

通話・通信設定は店員さんがやってくれます。

その際、確実に設定してもらうためと、時間短縮のためにスマートフォンの言語を繁体字に設定して渡しました。多分どのスマートフォンでも、繁体字の設定に出来るはずです。もしくは、英語にして渡した方が確実です。

思惑通りサクサクと設定してくれて10分くらいで終了。
となりの中華電信には、まだ数人並んでました。
結構な時間短縮ができました。作戦通り( ̄ー ̄)。

取って返してターミナルを右に大きく回ってバス乗り場へ。

DSCF0082

(あら?カウンターが綺麗になってる・・・)
本日はここから高鐵桃園站までバスで行きます。

このバス乗り場からはおなじみ国光客運で台北駅に出るバスとか、台中まで直接行けるバスが出ています。

ですので、今回も台中に出るのにバスにするか、鉄道にするか迷ったんですよ。
ただ前回がここからバスで台中で出ましたので、今回は鉄道を使ってみようと考えた
次第です。

DSCF0084

桃園空港から高鐵桃園站までのバスは「U-BUS」と呼ばれてます。
(上の写真参照)
バスの乗車券売り場の、一番右端にカウンターがあります。

このカウンターの壁に「高鐵」と書かれた紙が貼ってありますので、これを指差せばOK。経験則ですが、ここのカウンターの人は(ここ以外でも)簡単な日本語は話せるみたいです。この日も日本語で対応してくれました。

料金は30元。

DSCF0086

乗り場はカウンターの先の外、出てすぐ左。705と書かれたバス停からです。
チケットもぎりのオネーチャンがいますので、券を渡してください。
バスは頻繁に出てる模様です。

18時発のバスに乗車。
18時17分、高鐵桃園站、到着。
所要は20分てところでしょうか。

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です